ホーム > 技術 > 隠れ斜視とは

最新情報はこちら

隠れ斜視とは

隠れ斜視って?

テレビ朝日の「たけしの本当は怖い家庭の医学」や、NHKの「ためしてガッテン」で取り上げられた「隠れ斜視」について説明します。この「隠れ斜視」というのは、専門用語では「斜位」と言います。私達は通常両眼でものを見ていますが、片方の眼をふさぐと、ふさがれた方の眼が目標物に向かわずに、少しずれてしまうことがあります。その状態を斜位といいます。

大半の人は斜位がある

大半の人は多少の斜位があります。斜位には、眼が水平方向にずれる「水平斜位」と、垂直方向にずれる「上下斜位」があります。ずれの量や眼の余力との兼ね合いにもよりますが、一般的に水平斜位より上下斜位の方が眼精疲労を起こしやすいといわれ、ものが2つにダブって見えてしまうこともあります。

眼科での斜位矯正は?

なお、一般の眼科医は白内障や緑内障など、眼疾患の治療が主たる受け持ち分野なので、屈折矯正についてはあまり深く認識はしていません。そして、本来屈折矯正にしっかり取り組むべき眼鏡店においても、遠視や近視や乱視、そして老眼などは熱心に検査をしますが、残念ながら斜位検査については必ずしもそうではないのが実情です。ゆえに、屈折矯正にあまり熱心ではない眼科では、斜位検査となるとさらに身を入れていなくて、その矯正処方(プリズム矯正)にも慣れていないのが実情です。もしあなたが眼科へ行き、「私、隠れ斜視かもしれないので調べてください。」と言って受診しても、期待外れに終わることがあるかもしれません。眼科の発行する眼鏡処方箋で、プリズム矯正のあるものはあまり多くないことを考えますと、眼科医の多く(もちろんプリズム矯正に熱心な眼科もあります)が、斜位については、あまり重要視していない、ということが伺い知れるわけです。しかし、それはわが国だけでなく、世界各国でも大同小異であろうと考えております。

当店で行うこと

当店では通常の検査の中で両眼視機能検査も行っています。斜位があれば、その方向や量を測定してプリズム矯正が必要かどうか、必要であればどの程度の処方が最適なのか等を仮枠のメガネで実際にプリズム矯正した見え具合を体験していただき判断しております。正確に斜位を矯正したメガネは、眼精疲労を和らげるだけでなく、物をはっきりと立体的に見せてくれるので、快適な視生活に大きく貢献できるのです。

当月スケジュール

  1. テスト
Calendar Loading

ページトップへ

Copyright メガネのオガタ All Rights Reserved.